10月27日は「グッドベアデー」。
1951年、アメリカ・オハイオ州に住んでいたテディベア好きの一人の紳士、ラッセル・マクリーンさんが、病と闘う子供たちを励ますため、くまのぬいぐるみをプレゼントすることを思いつきました。子供時代に長い闘病生活を経験していた彼は、何度となくテディベアに勇気づけられたことを覚えていたのです。マクリーンさんは入院中の子供たちにぬいぐるみを贈り続け、やがて、それは周囲の共感を呼んで、世界的な組織「グッド・ベアーズ・オブ・ザ・ワールド」へと発展していきました。
そして、1973年、そのイギリス支部を担っていたボブ・ヘンダーソン大佐らによって、テディベアの名前の由来となったセオドア・ルーズベルト大統領の誕生日、10月27日を「心の支えを必要としている人にテディベアを贈る」テディベアの記念日とすることに決めたのです。
私たちサン・アローが目指すのは、ぬくもりを幸せを運ぶ上質なぬいぐるみをつくり、お届けすること。「We Create Happiness」を合言葉に、世界中に夢と幸せを運びたいと考えています。ぬいぐるみの持つあたたかさ、抱きしめたときの柔らかさは、きっと人の心をいやしてくれるはず…、その確信のもと、ぬいぐるみを通じた地域社会貢献活動にも力を注ぎ、支えを必要とする方々への支援を継続的に行っております。
★震災で被害を受けた地域の子供たちへ
ぬいぐるみプレゼント

認定NPO法人 難民を助ける会
震災で被害を受けた地域の子供たちを励ますため、「認定NPO法人難民を助ける会」を通じて、テディベアやとなりのトトロをはじめとしたぬいぐるみを保育所・福祉施設にお届けしています。
★テディベア・ミュージアムによる
グッドベアデーの推進

伊豆・那須にある二つのミュージアムでは、病気と闘う子供たちにテディベアを贈る日「グッドベアデー」を推進する活動を続けています。毎年10月27日に、近隣の養護学校などを訪問し、子供たちにテディベアをプレゼントしています。
★福祉団体へぬいぐるみ寄付
社会福祉奉仕団 東京都青年文化協会社会福祉法人喜泉

↑PAGE TOP 


グッズなどのご案内

前へ

次へ